日本人として、風呂敷の魅力を伝えていく。

化学反応

風呂敷について風呂敷は正方形の布であり、さまざまな染め方があります。
反応染めとは風呂敷の染め方の中では最も新しい方法であり、生地の主成分に
アルカリ性の液を混ぜた染料を反応させることで染めていきます。

この方法は布を内部から染めることができるため、色落ちしにくいという特徴があります。
また、細かい柄も染色できますし、さまざまなデザインを楽しめることもポイントです。

人物なら髪の毛の先まで細かく染め抜けるため、繊細で美しいデザインを染めたい場合に最適です。

繊細なデザイン

風呂敷の染色はもともと注染めで行われていたということです。
この方法は発注から納品まで最低でも1ヶ月かかってしまいますが、反応染めの場合は
10日~15日で納品することができます。

そのため、急に風呂敷を作成したいという場合や失敗した場合でも、すぐに新しいものを作ってもらえるのです。
単純な模様だけでなく浮世絵など複雑なデザインを染色できることも特徴です。

反応染めは注染めより綺麗に仕上がるというメリットがあります。
しかし、その分コストはかかってしまいますし、色の種類を増やすほど値段が高くなるということです。
そのため、大量に風呂敷を作成する場合には向かない染め方であると言えましょう。

記念品や催し物の物販用などとして作成するのがおすすめです。

物販用

反応染めで風呂敷を作った場合、何かのイベントの記念品として配るという方法があります。
布なので邪魔になりませんし、持ち運びにも便利です。コンサートや博物館の企画展示をする時には物販が重要となります。

参加した記念として商品を購入したいという人も多いでしょう。
この染め方ならいろいろなデザインを実店できますし、かなり細かい模様も染められるので
人物を表現したい場合にも最適です。物販のグッズとしてはかなり品質が高くなるでしょう。

最近ではこの染め方をした商品が人気となってきています。
和風の柄だけではなく、洋風の柄に染色することもできます。

デザインで悩んでいる場合はインターネットで調べてみると良いでしょう。
また、製作会社のデザイナーに相談してみるという方法もあります。